真冬の苦行、大掃除を真夏にチャレンジ

Pocket

さぁ、年末です。
これからどうやって大掃除をしようか、予定表を立ててるお店も多いのでは無いでしょうか?
一年の締めくくりとして、いつも掃除しないところを掃除して、スッキリと新年を迎えたいところですが、

スポンサーリンク

あいにく年末は繁忙期、なかなか掃除までは至らないのでしょうがなく、年末前のこの時期から大掃除、と言う店も多い事と思います。

私も経験上、年末の繁忙期前から大掃除を始めて、キレイな状態で大晦日を迎えて、と思って毎年この時期に頑張ってましたが、フローリング部分のワックスがけをお願いしていた業者さんに一言言われて考え方を改めました。
「なんでみんな同じ時期に掃除するんだろうね。この時期はこっちも引っ張りダコだから休む暇も無いし、何より一年で一番高いし。夏の方が汚れ落ちも良いから洗剤少なくて良いし、すぐに乾くから早く終わるんだけどね」
もっともです。目からうろこが落ちました。
確かにオフシーズンの方が業者さんは暇なので随分安い見積もりを上げてくれます。
自分達でやるにも、夏場、特に夏休み前は暇だし、じっくり出来ました。
玄関周りを凍える手で水掃除しなくても良いし、洗剤使わなくてもどんどん汚れが落ちます。
調理場も、ただでさえ室温が高いので油汚れは冬場より格段に落ちやすく、しかもよく乾く!来店も少なめなので、営業に差し障りが無く掃除が仕放題!
結果、業者さんのワックス掃除代は年末より1割安、人件費も格段に下がり、洗剤は正直減ったのかどうかはわかりませんでしたが、壁面にこびりついた油汚れは、年末だったら強力な油汚れ用の洗剤をスプレーしても、その後ラップを貼り付けて、さらに半日待ってからの掃除だったのが、スプレー後に少しおいとけばスルスル落ちました。

スポンサーリンク

ご自宅の大掃除も一緒だと思います。何も冬の真っ只中に寒空の中窓掃除をするより、炎天下の中、家族で水浴びついでにやった方がよっぽど効率的です。
当然、レンジフードの中の油汚れも、真夏の方が汚れ落ちは違います。
とはいえ、新年を気持ち良く迎えたい気持ちは分からないでも無いので、今年は従来通りやるにしても、来年からは、是非真夏の大掃除チャレンジ、一度試して欲しいと思います。


スポンサーリンク

いらっしゃいませ…。当ブログに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です