飲食店の社員に盆休みは無い。お盆期間の人手不足の解決策!

こんにちは。当ブログにご来店頂き誠に有難うございます。

夏真っ盛りで今年は本当に暑い!家にいるより店にいた方が正直涼しいので仕事が終わるとつい帰りたくなくなっちゃいます。というくらい夜も暑いですねー。

さて、今回はお盆の話。一般的にお盆というと、8月の11日から16日くらいのことを指すのですが、毎年の事ですが、

「客は来るけど人はいない」

時期で、この時期になるとちょっと憂鬱になります。我々サービス業は。

まず、主婦のパートさんは旦那の実家に子供を連れて里帰り、まぁまぁ、いつもの事。この時期はこぞって誰もいなくなりがちです。

でもって学生達。一人暮らしの地方出身者は旧友に会う為にこれまた里帰り。当然誰もいなくなります。

となると残るのは!そう、盆と正月の勤務を宿命づけられた社員達がお店を守る事になります。勿論地元出身の貴重なアルバイトさんもいるのですが、とてもとてもそれでは人手が足りず、朝から晩まで同じメンバーでバタバタと店を回すわけなのですが。

しかもこの時期はお盆特有の、親族大集合の3世代宴会や、高校生以来のメンバーが集結したプチ同窓会などが繰り広げられますので、まずまずお店は繁盛する訳で。

そうなると悲しいかな人手不足によるサービスの不具合が続出。対策が必要となります。

最早お盆は目前、既に壊滅的人手不足に頭を悩ましている店長さんも多いでしょうが、まだ何とかなります。それは…。

「お盆期間専用の高校生募集。」

です。

お盆の時期は高校生にとっては部活も無く、家にいれば親戚が訪ねて来たりで、よほど普段から仲が良ければ別ですが、実際は思春期の子にしてみれば煩わしいもの。

家にいてもすることは無く、お盆期間中だけのアルバイトなどそうそう見つからなかったりします。遊びに行くにしてもお金は必要です。

ここにお店と高校生のニーズが一致します。

こちとら猫の手も借りたい位忙しいのですが、パートさんやアルバイトさんが戻ってくると人員はダブつきます。要はこの1週間だけこなせればいい訳で。

高校生的にもその1週間だけ働きたい訳で、その期間が過ぎればまた、部活やら学校が始まるのでバイトはできなくなります。

まさに願ったり叶ったり。

で、じゃあどうやって募集するか、ですが、わざわざ求人誌を使うよりも、自店の高校生のアルバイトにSNSで拡散して貰えば1人2人はすぐ見つかります。パートさんのご近所さんでもいいでしょう。

あとは採用したら、1週間だけの限定バイトです。過度な期待はせず、グラス洗いや皿洗い、簡単な料理提供とテーブルの後片付けぐらいならすぐに出来ます。何にせよ、人がいないよりよっぽどマシです。

給料は出来れば日払いか、期間が終わったらすぐに支給できると良いのですが、これは会社によってルールが異なるので上に相談しましょうね。

で、これをお盆と正月、毎年繰り返しやっていると、習慣化してきて自店のスタッフがその時期になると誰かを紹介してくれるように!なればベストなのですが、まだそこまで至ってませんが。

高校生なので22:00以降は使えませんが、夜の終わらなかった後片付けは次の日早目に来てもらってやればその期間くらい何とかなるでしょう。

お盆期間のシフトを見て黄昏るよりも、若い力と一緒に夏の思い出を作ってみるのも良いかもしれませんよ。正月にまた来てくれるかもしれないし。

それでは今日はこの辺で。ご来店有難うございました!

羽生結弦さんのパレードで仙台駅前に商機到来!

2018年4月22日、冬季オリンピックフィギュアスケートで前回に引き続き金メダルを連覇した羽生結弦選手の祝賀パレードが仙台の中心部で行われます。

12万人の人手が予想されており、これは仙台商人にとって年に数回訪れる稼ぎ時のチャンスだ! “羽生結弦さんのパレードで仙台駅前に商機到来!” の続きを読む