食べログのコメントの信憑性、そしてその取扱い

グルメサイト最大手の食べログ、掲載されているお店にとって一番厄介なのがこの評価システム。もちろん好意的な意見が寄せられればそれはそのまま広告になるはずなのですが、好意的なコメントは、

「店のスタッフの自作自演じゃないの?」と疑われたりしますし、ネガティブなコメントはそれがそのまま風評被害に繋がります。 “食べログのコメントの信憑性、そしてその取扱い” の続きを読む

クーポン病の弊害

クーポン。新規の顧客を開拓したり、リピーターを増やす為にお店が発行する何かしら顧客が得をするチケット。紙に印刷してあるものからメールに添付されている画像だったりその形態はここ数年で随分多様化してきたように思えます。

大体がちょっとした値引きや、飲み物や料理がサービスになるといった形態のものがほとんどでしょう。そしてそれらはお会計の時に配られたり、お店に登録されているメール会員の元に配信されたりします。

お店に来てくれるきっかけとしてはそれなりに有効で、多少の集客効果もクーポンの内容次第ではありますがそれなりにあったりします。

それはそれで結構なことなのですが、中には売り上げが低迷するたびに取り敢えずクーポンを発行しているお店も少なくありません。 “クーポン病の弊害” の続きを読む

SNSで無料で販売促進だー!って言うけれど…。

SNS連動型のRettyはさておいて、昨今、SNSを用いた販売促進花盛りで、それをいかに利用するかが企業の命題のように語られています。

確かに、無料で、それで効果があるのならそれはそれで間違いの無い事だと思うのですが。

具体的には、twitterや、インスタグラムでお店の情報発信、そしてお店のホームペに誘導する、と言ったやり方、あ、facebookに関してはすっかり下火になっているみたいなので割愛させていただきました。

Lineで友達登録する、なんてのもありますね。

そして、毎日のように情報発信・・・・。

思うのですが、どれだけ現場の労力を削ぐのでしょうか。毎日、ここぞと言う時間帯に、新鮮な情報を届けるのは並大抵の努力では出来ません。それに、よほどのファンでもない限り、お店や企業からの情報は、着信拒否したいDMメールのように、「欲しい情報」ではないと思います。

私個人的には、店側からSNSに積極的に情報発信するのは、どちらかと言うと疑問です。

SNSはあくまで、ユーザーが、ユーザー同士、情報をやり取りする関係性であって、そこに企業色が強いものが入ると、異質、早い話が”うざい“情報となりうる様です。

子供達のゲームに大人のルールを当てはめようとすると、急に冷める。のと同じですね。最近ではポケモンのアプリが好例でしょう。

新しく展開しているRettyの良い所はそこに着目した所だと思います。あくまでお店の情報は情報で、それに対してユーザーの紹介が運営の“主役”となって、それがユーザーに拡散していく、というスタイルはこれまでの企業発信型の広告とは一線を画してます。

ただ、逆に言えば折角Rettyに登録しても、だれも拡散してくれなければ、効果が期待できない、と言うことにもなりますね。客層が5,60代のお客様がメインの所と、2,30代がメインの所では効果も全く違うものになりそうです。

色々紹介してきましたが、果たして、今後どれが最先端のネット販促になるのでしょうか。一番は一つの所にこだわらず、その時一番勢いと効果が確認されていて、かつ自分の店の客層と合致するのが一番だと思います。リスクを抱えて流行の最先端を抑える必要も無いですからね。だって雇われ店長だもの。