サラリーマンなら人手不足対策を努力でなんとかするのは実は損。

こんにちは。当ブログにお越し頂き、誠に有難うございます。

久しぶりの更新です。年が明けて新年会シーズンも終わり、閑散期はゆっくり出来ると思って楽しみにしていたのですが…。

急遽、私の二番手、店長代理が辞めました。というか、引き抜かれたと言った方がいいでしょね。知人が経営している同業の飲食に、それなら私が行きたいと思うくらいの好待遇を提示され、あっさりと、転職を決めました。

年末忘年会でいつか近いうちに後を頼むねって言ったばかりなのに…。もうその頃から心は決まっていた様でした。

今時珍しい、とても気持ちのいい礼儀正しい、よく他人に気を遣える青年。どこの企業でも欲しがる人材と思い、よりいい環境で更に飛躍できるならと、気持ち良く送り出す事にしました。新年会と送別会を兼ねて開いたりして。

ただ、そこから地獄が始まりました。

まず、年が明けてから店を去るのは彼だけでなく、毎年恒例ですが大学、専門学校を卒業するベテランの学生達。今年は何と店の従業員の半数近くに上る大量退職です。それもそのはず。実は数年前から求人広告出しても余りにも人が集まらず、その状況を打破するために従業員へ友人、知人のアルバイト勧誘を報奨金付きでお願いしました。

お陰でスタッフは確かに集まり、みんな仲良く良いチーム、に思えましたが…。浅はかでしたね。

まず、みんな同い年です。当然辞めるのも同じ時期。そりゃ半数近くいなくなるわけで。

だったら辞める分募集かければ?って思うでしょうが、そもそも人が集まらないから紹介で凌いでいた訳で。

更に悲劇的な事に、本社から見ればウチの店は他の店が人員不足でひいひい言っている中充分に人がいる優良店舗、求人広告費もかからないと高評価。ただ、自力で人手不足をなんとかしてしまった為に、募集時給引き上げの申請をしても、その必要は当面無しと却下される結果に。

と言うわけで、現在、卒業生が辞めて行くたびに店のレベルは下がる一方。残ったのは日本語も怪しい外国人スタッフ、他に来ないから止む無く雇った月に2、3回の幽霊学生アルバイト。

お昼はパートさんはほとんど変わらないので大丈夫なのですが、学生中心のディナーは壊滅状態です。私以外はほぼ素人。

と、言うことは?もうお分かりですね。ついに休めなくなりました。他の店から応援を呼ぼうにも人はいません。昼のパートさんも流石に家事があるので夜は無理、となると後は今の新人やこれからの新人が成長するか、余程経験ありの使える社員が採用、補充されない限り、延々とこの状況が続く訳です。

流石に募集時給を引き上げる様、申請を出しました。店の惨状はすぐに伝わり、100円アップを勝ち取りました。これでようやく周辺店舗と同じくらいの時給です。ただ、これで集まるだろうか…。

つくづく思うのは、最初から安易に紹介に依存せず、募集時給の引き上げを勝ち取る為に戦えば良かったと反省します。確かに求人費と人件費を抑制した事で評価はされましたが、その代わり得たものは何も無く、ただ会社の負担が減っただけ、しかも一時的。

最近話題の休めないコンビニ店長よりはマシなのかもしれませんが、こっちはオーナーじゃなくて雇われですからね。

いまは休める状況が作れるか、倒れるのが先かの勝負になりました。それにしてもそれを受け入れてしまう自分って、つくづく社蓄なんだなって思います(笑)。

それでは今日はこの辺で。

御来店ありがとうございました!

ぐるなび無料登録で当たる!

飲食店の従業員を守りたいなら、営業時間を守ろう!

こんばんは。当ブログにお越しいただき誠に有難うございます。

 

昨今働き方改革の名のもとに、営業時間を変更(どちらかという短縮)する流れ目立ち始めてますね。深夜営業の短縮や、早朝営業の繰り下げのような大規模のものから、営業開始時間を30分~1時間遅らせる又は閉店時間を早めるプチ改革

 

いずれにしても、従業員からすれば、その分早く帰れるなり、ゆっくり出社できるなり、特に社員に関してはおおむね歓迎です。特に開店時間や閉店時間のちょっとの変更では売り上げにもそれほど影響も出ずそもそも開店時間も閉店時間も、開店してすぐに忙しくなったり、忙しい最中に閉店する設定にはなってないでしょ?)、働く方も、お客様にも影響はあまり出ないはずです。

 

私のいる店でも、ディナーの閉店時間を2330から30分繰り上げして2300に変更しました。たった30、たった30分ですが、家に日付が変わる前に帰れる、気分的なものでしょうが、ものすごく精神的にも肉体的にも楽になりました。

 

それに、終電前に帰れる、という事がアルバイトスタッフの中でも好評で、特に学生さんはそのメリットを利用して、同級生の友人を従業員として紹介してくれるようになりました。ありがたいことです2000以降の25%増しになる深夜時給分が稼げなくなるという不満が出るのではと懸念していましたが、全くの杞憂でした

 

 

ただ、これだけ営業時間をいい具合に設定しても、お客様次第ではそうもいかないケースがありまして今回はそんな話

 

1 早く来すぎる客。

 

有りがちなのが、開店前、510分ならいざ知らず、30分、さらには1時間前に来店なんてケースはざらにあります。日本人らしい5分前行動、それならわかるのですが、ただ何となく、早く着いてしまったからという理由で、まだ準備中のあかない自動ドアを手動でこじ開け、清掃やセッティングで大忙しの従業員を呼びとめ、早く入れろとまくしたてる方は意外と多いです。特に年配の方

 

幹事さんで、席のセッテイングや準備云々があるならともかく外が寒いからとか元はと言えば自分が早く来すぎたのがいけないんだろう結局、寒空の中待たせるわけにもいかず、店内へ。そして結局開店準備の邪魔になるのでお席にご案内する訳ですが。お客様いるといないとでは立ち振る舞い、言葉遣い、大きく違います。スタッフだけの大事な時間がこうして失われてしまう訳ですね。

 

 

2 帰らない客

 

早く来てしまうお客様については、まぁ色々事情もあるでしょうし、仕方ないにしても、一番迷惑なのがこの「帰らない客」営業時間を過ぎても全く席を立つ気配も無く、閉店時間を告げてもいろんなパターンで粘る睨む

 

<帰らない客、ありがちなパターン色々

1 無視、または無言の圧力で退席を拒否。

職場の飲みでありがちです。上司がためになるのかどうかわかりませんが)お話語りモードに入っているので、部下としては真剣に聞き入っています又はそのポーズをしています)。ので、閉店時間を告げようものなら、あからさまに「空気読め!」と目で殺してきます。こうなると膠着状態ですね。話が終わるまで、まず帰れません。

 

2 ローテーショントイレ。

女性に多いですね。閉店時間を告げたとたんにトイレに行くのはいいのですが、一人行って戻ってきてはまた一人と、なぜか同じタイミングで行かない。そして残っているメンバーでまた新しい話題が生まれると、また帰らない!

 

3 友人が迎えに来るまで。

お酒で気分が悪くなったのでしょうか。友人が迎えに来るまで待ってくれと。言われれば仕方ないような、まぁ、確かに泥酔客はタクシーも乗せてくれないからなぁ、とどれくらいかかるか聞いてみると、「1時間」。その分の時給を払えと言いたくなります。

 

4,まだ食べてるでしょうが。ドラマの名台詞ではないです。ラストオーダーでしこたま頼んで、閉店時間になってもテーブルは料理の山。正直こちらも声をかけたくないのですが、終電があります。そうすると予想通り、「まだこんなに料理が残ってるんだよ!」私たちが悪いのでしょうか。

 

 

とまぁ、せっかく営業時間を決めても、一部のお客様の要求でなかなか時間通りには開けられず、帰れず、というのが飲食店の宿命でしょうか。これだけカスタマーハラスメントやら騒がれても、未だに、サービス業なんだから多少は客の言うことに柔軟に対応するのが当たり前、という意識は根強い思いますお互いがいい関係でいられるよう、私たちも営業時間は守りますから、お客様もご協力くださいね。

 

 

それでは今日はこの辺で。ご来店有難うございました!!

 



働き方改革。歓迎しているのは実はネットのコメント欄だけ。

こんにちは!当ブログにご来店いただき誠にありがとうございます。

さて。某回転寿司のトップチェーンのスシ○ーさんが突然の店休日を公表しました。ショッピングセンターに入ってない店舗を除いて全国一斉にお休みするようで。

このニュースにはネットの中では歓迎的なコメントで埋め尽くされてますね。「飲食店が年中営業する必要は無い。」とか、「従業員の事を売上よりも大事にするなんて素晴らしい!」と絶賛のコメントの多い事多い事。私から言わせてもらえば、定期的な店休日でも無いのになんでそこまで褒め称えるのやらと言う気持ち、いや、世の中の飲食店の店長さんは同じ事を思ったでしょう。

今や飲食業は空前の人手不足。本当に求人をかけてもさっぱり集まりません。それでも求人広告を出さない事には人は集まらないので、求人広告を取り扱う企業が無敵モードで荒稼ぎしているのが現状です。

じゃあ、毎週○曜日を休みにしたら良いじゃない!まぁそう思いますよね。ところがそう簡単な話じゃ無いんです。

まず、自宅兼店舗でもなけりゃ、店が休みだろうが営業してようが関係なく家賃が発生します。他にも月極めで払っているもの、ネット広告費、レンタル機材、休みの日だからと言ってその分安くはなりません。

他にも色々ありますが、ざっくり言うと経費的にはそんな所です。更に店休日にはこんな落とし穴があります。

それは、休みだと思われて客足が遠のく。

事で、床屋なら分かりやすく大体月曜日定休です。銀行、病院とかは日・祝ですね。では飲食店の休みは?

勿論、この曜日が、と共通しているはずもなく、その店のその会社の都合で休みが決まります。とうぜん看板やらネットで告知しますが、大体の人は気にもしません。

で、当日店の前に行ってみると、店休日の張り紙。こういった経験をしてしまうと、次からは、「今日はやってるのだろうか?また休みだと嫌だから別の店にしよう。」その店でなくてはならない理由が無い限り、無駄足を踏みたく無い理由から、他の曜日も客足が遠のく可能性が出てきます。

更に、予約がメインのお店だと、その休みの日には、来店はなくても、予約希望や問い合わせもあります。それが繋がらなかったり、留守番電話だったりすると、それだけで機会損失の可能性が出始めます。

仮に、日曜日の売上が、全体の5%しか無いから、ここを休みにしよう!と思っても、実際休んで見ると、5%以上の売上減になる可能性があります。実際、うちの会社でも試験的に店休日を週一で設定した事がありましたが、予想よりはるかに高い売上減が続き、それ以来店休日の話はタブーになっています。

飲食店はただでさえ労働環境が悪いんだから週に一回くらいは休みなよ!と、言っていただくのは嬉しいのですが、世の中そんなに甘く無いのです…。

さて、今日はこの辺で。本日もご来店、ありがとうございました!