飲食店の従業員を守りたいなら、営業時間を守ろう!

こんばんは。当ブログにお越しいただき誠に有難うございます。

 

昨今働き方改革の名のもとに、営業時間を変更(どちらかという短縮)する流れ目立ち始めてますね。深夜営業の短縮や、早朝営業の繰り下げのような大規模のものから、営業開始時間を30分~1時間遅らせる又は閉店時間を早めるプチ改革

 

いずれにしても、従業員からすれば、その分早く帰れるなり、ゆっくり出社できるなり、特に社員に関してはおおむね歓迎です。特に開店時間や閉店時間のちょっとの変更では売り上げにもそれほど影響も出ずそもそも開店時間も閉店時間も、開店してすぐに忙しくなったり、忙しい最中に閉店する設定にはなってないでしょ?)、働く方も、お客様にも影響はあまり出ないはずです。

 

私のいる店でも、ディナーの閉店時間を2330から30分繰り上げして2300に変更しました。たった30、たった30分ですが、家に日付が変わる前に帰れる、気分的なものでしょうが、ものすごく精神的にも肉体的にも楽になりました。

 

それに、終電前に帰れる、という事がアルバイトスタッフの中でも好評で、特に学生さんはそのメリットを利用して、同級生の友人を従業員として紹介してくれるようになりました。ありがたいことです2000以降の25%増しになる深夜時給分が稼げなくなるという不満が出るのではと懸念していましたが、全くの杞憂でした

 

 

ただ、これだけ営業時間をいい具合に設定しても、お客様次第ではそうもいかないケースがありまして今回はそんな話

 

1 早く来すぎる客。

 

有りがちなのが、開店前、510分ならいざ知らず、30分、さらには1時間前に来店なんてケースはざらにあります。日本人らしい5分前行動、それならわかるのですが、ただ何となく、早く着いてしまったからという理由で、まだ準備中のあかない自動ドアを手動でこじ開け、清掃やセッティングで大忙しの従業員を呼びとめ、早く入れろとまくしたてる方は意外と多いです。特に年配の方

 

幹事さんで、席のセッテイングや準備云々があるならともかく外が寒いからとか元はと言えば自分が早く来すぎたのがいけないんだろう結局、寒空の中待たせるわけにもいかず、店内へ。そして結局開店準備の邪魔になるのでお席にご案内する訳ですが。お客様いるといないとでは立ち振る舞い、言葉遣い、大きく違います。スタッフだけの大事な時間がこうして失われてしまう訳ですね。

 

 

2 帰らない客

 

早く来てしまうお客様については、まぁ色々事情もあるでしょうし、仕方ないにしても、一番迷惑なのがこの「帰らない客」営業時間を過ぎても全く席を立つ気配も無く、閉店時間を告げてもいろんなパターンで粘る睨む

 

<帰らない客、ありがちなパターン色々

1 無視、または無言の圧力で退席を拒否。

職場の飲みでありがちです。上司がためになるのかどうかわかりませんが)お話語りモードに入っているので、部下としては真剣に聞き入っています又はそのポーズをしています)。ので、閉店時間を告げようものなら、あからさまに「空気読め!」と目で殺してきます。こうなると膠着状態ですね。話が終わるまで、まず帰れません。

 

2 ローテーショントイレ。

女性に多いですね。閉店時間を告げたとたんにトイレに行くのはいいのですが、一人行って戻ってきてはまた一人と、なぜか同じタイミングで行かない。そして残っているメンバーでまた新しい話題が生まれると、また帰らない!

 

3 友人が迎えに来るまで。

お酒で気分が悪くなったのでしょうか。友人が迎えに来るまで待ってくれと。言われれば仕方ないような、まぁ、確かに泥酔客はタクシーも乗せてくれないからなぁ、とどれくらいかかるか聞いてみると、「1時間」。その分の時給を払えと言いたくなります。

 

4,まだ食べてるでしょうが。ドラマの名台詞ではないです。ラストオーダーでしこたま頼んで、閉店時間になってもテーブルは料理の山。正直こちらも声をかけたくないのですが、終電があります。そうすると予想通り、「まだこんなに料理が残ってるんだよ!」私たちが悪いのでしょうか。

 

 

とまぁ、せっかく営業時間を決めても、一部のお客様の要求でなかなか時間通りには開けられず、帰れず、というのが飲食店の宿命でしょうか。これだけカスタマーハラスメントやら騒がれても、未だに、サービス業なんだから多少は客の言うことに柔軟に対応するのが当たり前、という意識は根強い思いますお互いがいい関係でいられるよう、私たちも営業時間は守りますから、お客様もご協力くださいね。

 

 

それでは今日はこの辺で。ご来店有難うございました!!

 



冬場の飲食店 感染症対策。従業員、またはその家族がインフルエンザにかかったら。

どうもこんにちは!当ブログにお越しいただき、誠にありがとうございます。

 

今年の冬はとにかく雨が、雪が、まぁそれなりには降りますが、例年と比べるとそれほどでもないなぁって印象です。とにかく空気が乾燥しまくりで。

 

と、こうなると流行るのはインフルエンザ、やらノロウイルスやら。今回はその中で、インフルエンザと従業員の出勤対応のお話。

 

とにもかくにもこのインフルエンザ。都会に住んでいれば何かしら感染の危険性はあるわけで、飲食店であれば1シーズンで誰も感染しない年はないといっても過言ではないでしょう。感染源はいくらでもあって、

1 学生の学校での感染。

試験期間なら学生さんはインフルでも出席してくるので、試験期間は危険が一杯なんです。

2 主婦スタッフの家族からの感染。

悲しいかな、家族の看病をしなくてはならないケースが多いので、感染はほぼ不可避なのです。

3 通勤時の交通機関での感染。

電車バスの中にインフルエンザの患者、または治りかけの人はいるでしょう。だってそうでもしなけりゃ病院にいけませんからね。

4 店内でのお客様からの感染。

熱が下がったから大丈夫だと思っている、もしくはこれから発症するといったお客さんが来店しているかもしれない。特にホールスタッフはマスクもしていないケースが多いので感染のリスクは他の業種と比べても著しく高いんです。

 

<従業員がインフルエンザにかかった場合>

 

まぁ、大体12月から翌年の4月までは危険期間ですが、では、従業員が感染した場合どうするか?ですが、とりあえず休んでもらうしかないでしょう。一般的には「発症から5日間、解熱後2日間」と言われていますが、これは特に法律で決められている訳ではないんですよね。ただ、教育機関においては、学校保健健康法で決められているので、それを踏襲している企業が多いだけなので、実際は3日間でも休まなくてもいいわけです。

特に飲食店は今人手不足ですから、本人さえ良ければ、ちゃんとマスクさせて、皆がうがいと手洗いをすれば、今は良く利くインフルエンザの薬もあるから、と出勤させてしまうお店もあるみたいですが、発症直後の患者からは口からだけでなく体中からウイルスが飛散していますので、同型の抗体が無い人はほぼ確実に近くにいただけで感染します。ここは無理せず休ませたほうが本人と皆の為。店内で蔓延してしまうと最早通常営業すら出来なくなります。

 

かく言う私も、10数年前、店長になりたての頃、勝手な責任感からインフルにかかったのに、一日休んだだけで出勤した所、従業員の大半にうつしてしまい、毎日欠員が出る為、それから1ヶ月近く私と感染しなかった社員の部下は休む事無く働く羽目になりました。もちろん、その後散々恨まれたのは言うまでもありません。

 

ただ、従業員の中には、「収入が減るのが嫌だ」との理由で休みたがらない人も居るかもしれませんが、そこは、その後のシフトを優遇するから、とかの対応をしましょう。

 

<従業員の家族がインフルエンザにかかった場合は>

 

正直、これが一番頭を悩ませます。何しろ本人は外見上まったく健康上問題ないのですが、ウイルスが潜伏している可能性が高く、勤務中に突然「なんか寒気がする」と恐ろしい呟きをします。大体はそこから発症で、同じ日に出勤していたスタッフはかなり高い確率で感染します。

 

ところが、「お子さんがインフルなんだから休んでください。」とは言えないものです。勿論強制力もあるわけがありません。あくまで自発的に休んでいただくしかないのです。とは言え、本人も自分が健康なのに家族が罹患したから休むとはなかなか言えないものです。

 

そこで、対処法ですが、日々の朝礼で、うちの店は家族や同居人がインフルになった場合でも休んでOKだと言い続ける、これしかないと思います。大事なのは緊急時に休みやすい雰囲気作り。そしてその緊急時にはスタッフ同士がお互いにその穴を埋め合うといったチームワーク作りが当たり前といえば当たり前ですが、一番のインフルエンザへの対処法といえるのかもしれませんね。

 

それでは今日はこの辺で。本日もご来店、ありがとうございました!!

 



招き猫はお金や人を招くというが・・・。捨てないで!猫。

こんにちは。当ブログにお越しいただき、誠にありがとうございます。

 

今日は近所の捨て猫の話。とても切ないです。

 

うちの店が入っているビルの隣に老婆が営む小さな理髪店がありました。お世辞にも繁盛しているとは言えませんでしたが、常連のお客さんだけ、たまに姿を見かける程度です。

 

最近、その店が閉店しました。理由は、店主が高齢になり、健康上の理由からやむを得ずの閉店。人は永遠に生きられるわけではありませんから、後を継ぐものがいなければ、いずれは訪れる現実。

 

閉店を知らせる張り紙は店主の手書きで、その字体にはその方の生真面目さが表れるような達筆で、それでいてどこか美しく、一つの時代をひっそりと終える、一人の女性の決意と、はかなさを感じずに入られませんでした。

 

そしてその店は閉店しました。自宅兼店舗、その毎日の柔らかな日差しが差し込んだ店内は、もともとお客さんがいた訳でもないのに、閉店したとたんに、まるで廃墟のように生気を失っていきました。人がいるといないとでは大きく違うのですね。

ただ、以前と大きく違うことがさらに。猫が子猫親猫、やたらと近所をうろうろするようになりました。おそらくこの理髪店で飼われていたのか、野良猫がこの店で餌付けをされていたのか、とにかく主を失ったこの猫達が通り行く人々に餌をねだる様になりました。

 

当然こちらは飲食店です。一日中食べ物の匂いはします。そこで働いている人間からはさらに。その愛くるしい表情と泣き声にほだされたのか、どうやら誰かがごみ捨てのときに餌をあげたらしく、うちの従業員を見かけると、すぐさま寄ってきてなにかをねだるように声をあげます。

 

基本的に飲食店で動物は歓迎されません。それは勿論衛生的な問題からなのですが、だからといってそれまで知らない仲でも無かったのでぞんざいには出来ません。

 

そうこうしているうちに、いつのまにかうちの店の裏口辺りのゴミ捨て場にすっかり落ち着くようになってしまいました。

 

以前飼っていた店主はその後の人生を考えれば、推定80歳です。子猫を飼い続けるのは難しかったのかもしれません。しかし、であれば店主の家族や、知人は何とかできなかったのだろうか、と思います。

 

飲食店には相容れないものなので、店内に誘導することは出来ませんが、店の看板の辺りですっかりくつろいでたりすると、どかそうにもどかせません。

 

従業員にも餌を与えないようにお触れを出しましたが、どうやら通行人やお客さんがご飯をこっそり与えるらしく、すっかり人間を恐れなくなりました。しょっちゅう店の周りをうろうろしています。

 

実は私も家で猫を飼っているので、可哀想に思う気持ちはわかります。ただ、だからこそ、ちゃんとしたお家にもらわれて欲しいという気持ちが強くなります。一時的な感情でご飯を与えるのは、やさしさに見えますが、その後、猫達はまたご飯がもらえるかもと、ずっとご飯をねだり続けるのです。むしろ、早々に保健所に引き取られて、需要のある子猫のうちに里親が見つかるのがベストだと思います。

 

それに、何がつらいかって、以前理髪店があった場所は更地になりました。しかしそれでも猫たちは同じ場所に戻ってくるのです。あるはずの無い建物を探しながら、あの店主のぬくもりを探しながら空を見つめる猫たちの姿を見るのは正視に堪えません。

 

うちに連れて帰ろうかと思った事もありましたが、うちの猫はとにかく臆病なので、かえってストレスななりそうなのでそれは断念しました。

 

おそらくこの理髪店の店主も、「隣は飲食店だから食べるには困らないだろう。」と置いていったのかもしれませんが、個人経営店主ならともかく、サラリーマン店長には移動がつき物なので、その猫が生涯を終えるまで、ずっとその店でお世話をすることは出来ません。

 

なのでお願いです。飲食店のまわりに猫を捨てるのはやめましょう。むしろ可哀想だとおもうなら、里親を探してあげるなり、自身で責任を持って飼ってください。

 

さて、今日のところはこの辺で。本日はご来店いただき、誠にありがとうございました!!!

カードでテーブル会計。一件スマートに見えるけど、1番危険な会計手段。

こんにちは。当ブログにご来店頂き、誠にありがとうございます!

さて、忘年会シーズン真っ盛り。居酒屋系の飲食店、毎日が擦り切れそうな忙しさです。そんな中、最近思うのですが、クレジットカードでのお会計が随分増えたなって感じます。

日本政府もキャッシュレス会計を推進しようとしてますし、飲食店側からしても、もし、お会計が全てカードや電子マネーに代わってくれれば、つり銭の準備金も必要無くなるし、両替もしなくていい、売り上げ金の銀行入金も無くなり、従業員による現金事故も、強盗に狙われる事も無くなるので大歓迎。

客側もメリットはあります。カード会社や電子マネーのポイント還元、消費税増税の際には政府が増税分をポイントで補填してくれるとまで言ってますね。

最近ではPayPay やらLinepay、オリガミペイなどのスマートフォンを利用したQRコード決済なども出てきまして、その普及の為にPayPay が20%の大還元キャンペーンをしたのは記憶に新しいですよね。

前置きが長くなりましたが、このキャッシュレス決済、便利なだけでは無く、利用者にとっては危険が紙一重だったりします。

それは「カードによる席会計」。

シュチュエーションとしては、彼女がトイレに行ってる間に男の人が店員を席に呼び、「これで会計を」などとカードを店員に渡します。それはそれでスマートでしょう、ところがその場で会計できるわけでは無いので、そのカードを預り、レジでカードを切って急いで彼女さんが戻る前に席に戻ってサインを貰います。

これはこれで忙しいのですが、この間にカードは無防備、カード番号、有効期限、裏面のセキュリティコード、全て無防備に晒されます。しかも親切に裏面に署名を漢字で書いていればほぼカードにまつわる個人情報が勢揃いです。

よほど従業員、店を信頼しているのか、それとも無知なのか。私個人的には殆どのお客様が後者だと思います。なんでも外国では絶対にあり得ない行為だそうです。

それだけの情報が盗まれれば、ネットで不正利用される可能性も高く、逆に言えばカードが無くてもそれだけの情報があれば簡単にカードを不正利用出来てしまう世の中です。

いくら自分はそんな事はしない!と思っていても、従業員はどうでしょう?昨日今日入った他人をそこまで信じられますか?と言うより、人間は弱いです。いつ魔がさすかわかったもんじゃ無いですよね。

この他、会社のグループで来店して、おそらく上司とおぼしき人がゴールドカードを見せびらかす様に、「いいよいいよお前ら、あ、これで会計を」。

確かにスマートな会計に見えますが…。面倒くさがらずに会計はお互いの為に帰りにレジでやって欲しいものですし、飲食店によっては席会計を勧めているお店もありますが、それは現金会計の時代の名残でしょう、考え直した方が良いと思います。

それでは今日はこの辺で。

ご来店、有難うございました!

モンスターペアレントはここにも

お昼時になりますと、うちの店は個室がそこそこあるもので、お子様連れのお客様もよくいらっしゃいます。

お子様、お父さんお母さん、その両親と、三世代幸せそうにお食事している姿は微笑ましい日本の家族像で、見ているこちらもほっこりします。

ただ、いい事ばかりでなく、

“モンスターペアレントはここにも” の続きを読む

ボーナスのシーズンですが

さてさて、自営で無いサラリーマン店長の年末の一番の楽しみと言えば、
ボーナス!
会社員ならではの楽しみです。
自営の方には当然無いものですから。
企業によってその形態、金額は様々です。
基本的に世間の月給相場と比べて低い給料の企業では高めの設定で、相場と比べて同じ位か高めの企業では世の中の賞与相場とはかけ離れた支給状況にあるみたいです。 “ボーナスのシーズンですが” の続きを読む

宴会料理の持ち帰りはありだと思う。

宴会の季節、宴が終わった後、テーブルを片づけに行くと、やっぱり日本は豊かなんだなぁと外国人留学生のアルバイトが思う光景、それが「大量の食べ残し」。
うちもそこそこの単価の宴会コースの後となると、それはもう、学生達にとっては夢の山。
手付かずの国産和牛のステーキ、フカヒレのスープ、伊勢海老の天ぷら、お寿司の山。 “宴会料理の持ち帰りはありだと思う。” の続きを読む

常連さんに年賀状を出すか…。

年賀状を常連さんに出そう。
毎年この時期になると、そんな事を始める訳で。
今年もそんな季節かー、と年賀状の束を前に、もう少し字が上手く書ければなぁと自分の悪筆を後悔します。
ずっと今の店に居られれば、毎年それ程各枚数もそんなに増えないので、なんとなーく終わるんですが、何年かに一度、お店を移動させられてしまう悲しいサラリーマン。 “常連さんに年賀状を出すか…。” の続きを読む