東北の地酒 飲食店店長のおすすめと素人レビュー。その1。

居酒屋だの和食店だのの店長をやらせていただいていると、それはそれは高級な「和」の食材を試食できる、という素晴しいメリットがあります。

そして「日本酒」。

もちろん酔っ払うほど飲めるわけではありませんが、普通に生活していればそんなに種類を飲み比べることは出来ないだろうと言う位、飲めます。そんな中で、個人的にお金を出しても買いたい、日本酒のレビューなんてしてみます。主戦場が東北だもんで、東北のお酒ばかりになるので、それはご容赦下さい。

前もって言っておきますが、これは利き酒師の資格もロクに持っていないただ、数の試飲をこなしているだけの素人店長の主観ですから、異論反論あるかもしれませんが、そこはご容赦くださいね。

では、まず宮城編。

「日高見」平孝酒造(宮城県石巻市)

ここのお酒はイメージ的に、港町のお酒なので、お魚料理に合うような辛口端麗のお酒が多いようなイメージです。おそらくそれは本醸造酒や、純米酒、本醸造の吟醸酒が一番出回っているのでそのイメージが強いんじゃないかと思います。でも実は、甘口タイプの純米吟醸や、山田錦、短竿渡り船などの酒米を駆使した特別純米酒など、飲みやすい日本酒に最近特に力を入れているようです。

とは言え、やっぱりおすすめは一番安い「本醸造タイプ」です。

魚のラベルがこれまたチープ感をかもし出していい感じです。日高見の真骨頂の無骨な辛口の日本酒感はその飲んで一口でわかる辛口感と、それでいてしっかりと米の香りがするのはさすがの一品です。どっちかというと、冷やすとそのポテンシャルが発揮できないので、ぜひ常温か、燗で飲んで欲しい一品です。魚の干物をあわせると、ちょっと漁師のおつかれ飲み会的雰囲気もでてよろしいんじゃないでしょうか。

「浦霞」株式会社佐浦(宮城県塩釜市)

東京でも宮城のお酒といえば、で一の蔵と並んでラインナップされている銘柄ですね。お土産で「浦霞 禅」なんて見かけた人も多いのではないでしょうか。

ここも例に漏れず、一升瓶一本千円ちょっとの本醸造酒から四合瓶で軽く5千円を超える大吟醸までものすごい数のラインナップがあります。もちろん、季節ごとの、しぼりたて、ひやおろしなど、それらを全て飲み切れるのは余程のファンでなければ無いでしょう。

大手の酒蔵らしく、安定感はばっちりで、どの銘柄でも外れなしの優等生です。それでいて手間隙かけた純米大吟醸まであるのだから隙がありません。

ここのお酒で一番のお奨めと言われると結構悩みますが、個人的には普通の純米酒が一番コストパフォーマンスがいいかな、と思います。

純米吟醸や大吟醸、もちろんそれなりに美味しいのですが、ここの純米酒はディスカウントストアでも見かけることが出来るくらいメジャーなのですが、それだけ大量生産しても、ばっちりの安定感。燗にすればおでん料理にとてもよく合います。

さて、まだまだ続きます。

革新的な求人媒体、indeed 掲載方法

Indeed が現れた!!

「仕事探しはindeed」はい、このフレーズ、もう聞き飽きるくらい聞きましたね。斉藤 工さんと泉里香さんのあのCMによる刷り込みは、もはや同じような「トリバゴ」のCMを超えたといっても過言ではありません。でも最近、オー人事も気になりますが。

春先、新入生がアルバイトを探す季節、一番求人が出る季節でもあり、ここはさすがに求人広告を出さなくてはなりません。

当店は求人広告を出したところで箸にも棒にもかからないくらい、街中の割には駅から離れており、その効果が全くないので、最近までずっと従業員の紹介によってなんとか人員をつないでいたのですが、卒業生の数>入店者の数と、ついに人員がダウントレンドに入りました。

そこで、なにかしら求人広告を経費の無駄とは思いながらも、やらないことには外部から新人は入ってきません。そこで「バイト ○○市」で検索していると、上位に必ずこのindeedが出てくるのが気になりました。

「これなら、学生は間違いなくここで一度はバイト検索をするはずだ。」

と、推測し、しかも掲載料が無料となればやらない手はありません。早速求人広告を掲載する事にしました。

まず、indeedのページにいくと、メールアドレスとパスワードでアカウントの登録です。店のアドレスもあるのですが、私は何かの拍子でその社内用のメールアドレスが流出して迷惑メールの餌食になるのが怖いので、大体はGmailのアドレスを使って登録しています。

そして、店舗名(会社名)、仕事内容、PRポイント、福利厚生、店の所在地、最寄駅、応募方法と採用までの流れ、などなどを過去の求人広告を参考にどんどん入力します。

おそらく慣れた人なら30分程度で広告記事は完成するでしょう。ただ、この時点ではテキストだけの寂しいページなので、追加情報で店の店内の写真とスタッフの写真なんかを追加すると、まるで他社の求人広告みたいなのがあっという間に出来上がります。

しかも、一つのアカウントで複数の求人情報を掲載できるので、ホール、キッチン、洗い場、セッテイングなどなど、何ページも記事が作れます。なんだかこのブログの作り方みたいです。

後は応募者が来るのを待つだけなのですが、なんとご丁寧にアクセス情報まで提供してくれるので、自分のサイトのページがどれだけクリックされたか、どのページがよく見られたか、なんて分析と、改良が自分で出来るのです。

ただ、これだけでは、きっと大したアクセスは間違いなく期待できません。それだけ膨大な求人情報が掲載されているのです。

なにしろ無料掲載。皆同じ事を考えているので、それはそれは山のような求人数。おもわず感心するほど作りこまれたページから、とりあえず作って放置したページ、その他にも、他の求人媒体(特にリクルート、マイナビ系)がわざわざindeedと提携してこちらにも自分のサイトに誘導する広告を出しております。これは逆に言えば、それだけ他の媒体もこのindeedに脅威を感じている、ということでしょうか。そうでなければわざわざ他の媒体と提携するはずもありませんからね。

と、なるとやっぱりお金がかかるということです。それも必然ですよね。じゃないと、このサイトを運営する意味、無いですもの。

じゃあ次回はその辺のお話をさせてくださいね。

3・11以降の震災景気、あの頃はみんな優しかったなぁ。それが今じゃ…。

地震の翌日、自衛隊さんが持ち込んでくれたバッテリーでどうにか携帯の充電を確保しました。当時はLINEもface bookも普及していなかったので、従業員の安否確認はもっぱらメールと自宅の固定電話で行われました。

“3・11以降の震災景気、あの頃はみんな優しかったなぁ。それが今じゃ…。” の続きを読む

3・11 東北大震災からもう7年。

またこの季節が来ましたね。3.11。

宮城県民からすれば、なんとなく時計を見たときに3時11分を見つけただけでハッとしちゃう3.11。

もう、7回目ですか・・・・。

あの日の事は一生忘れることは出来ないでしょう。

私は当時、仙台駅近くの居酒屋での勤務でした。当日は金曜日。送別会系の御予約が予約表をびっしりと埋め尽くしていて、夜の営業の準備でバタバタの昼営業。突然その時が訪れました。 “3・11 東北大震災からもう7年。” の続きを読む

役立たず幹事さんの逆ギレクレーム

クレームはお店の不備や、改善点を指摘してくれる事が少なくないですが、中にはただ単に客の立場を利用した、「態度が悪いだけ」の人もいるのは確かです。そして無理難題を注文してきて出来ないと怒る人も。次にあげるのも実例です。どうですか?心当たりや周りにいませんか?

<事例 自分の段取りが悪いのを棚に挙げて店員を叱り付ける客>

“役立たず幹事さんの逆ギレクレーム” の続きを読む

迂闊な割引券はクレームの元

よくお会計の際にレジで渡される次回のご利用がちょっとだけお得になる割引券。ドリンク一杯無料になるものから、お会計がちょっとお得になる値引き系。この他にもタウン誌に「切り取って使って下さい」形のものや、インターネットで配信されるクーポン、DMなんてのもありますね。

なんとかリピーターを作ろうと、または新規顧客を呼び込もうとする施策なのですが、これがまた非常に面倒くさいクレームの元になったりします。

“迂闊な割引券はクレームの元” の続きを読む