飲食店店長の東北のお酒、個人的素人レビューその3

乾坤一 (村田町、大沼屋酒造)

宮城県県南の村田町という所にこの酒蔵はあります。よく先の震災に持ちこたえたな、と思うくらい、よく言えば古めかしい酒蔵がそこにあります。やはり昔の建築物は地震に対しても頑強に造られているのでしょうか。

ここの銘柄「乾坤一」は蔵本さん自ら、「飲み続けられるお酒」というのも納得なくらい、キレが良いからなのでしょうか、なんとなくずっと飲み続けられます。いやいや、他のお酒もそうだろうよ、という突っ込みもあるでしょうが、なんというか、必要以上にお酒が主張しないと言うか、口内に残らないというか、すっと口に入ってすっと消える、で、また飲んでしまうというか。ほら、よくあるじゃないですか、一口飲むとずっと吟醸香やほのかな甘味がずっと居座り続けるお酒、それはそれでいいんですけど、一合飲むともうおなか一杯になりませんか?この銘柄はそうじゃないんですね。辛口のお酒のお手本みたいな感じだと勝手に思ってます。冷でよし、燗でよし、冬季に出回る「愛国」シリーズはお手ごろ価格でおすすめの逸品ですよ。

綿屋(栗原市 金の井酒造)

県北の小さな酒蔵で造られている「キレイ系」のお酒のイメージです。その名の通り、綿のようなふわっとした口当たり、とレビューすればいいのでしょう。飲み口も女性にも受けそうな飲みやすさです。フルーティ、と言えばいいでしょうか。

それがこの蔵の持ち味なのでしょうが、昨今、この手の「飲みやすい日本酒」が世の中に溢れすぎて、一昔前はその飲みやすさが特徴で、珍重されていましたが、今となっては似たようなお酒が多すぎて、せっかくの特徴が埋もれてしまっているのが残念至極です。

ただの純米酒なのに他の純米吟醸レベルの風味と飲み易さを実現した素晴しい酒蔵なのにとても残念です。逆に言うと、昔から同じレベルで同じ品質のお酒を頑固に造り続けているというのは賞賛に値すると思います。

生産量が少ないのであまり関東には出回らないと思いますが、東北に来た際は是非一度飲んでいただきたい銘柄の一つです。

阿部勘(阿部勘酒造、塩釜)

浦霞と同じ塩釜のお酒ですが、浦霞の存在が大きすぎてその影に隠れている感が半端ないのは石巻の墨之江と同じくらいです。

こちらの銘柄でよく目にするのは、純米吟醸系のお酒だったりするのですが、とっても飲み易く、とても丁寧な造りです。なんでこの酒蔵が今ひとつメジャーになれないのかが不思議なくらいです。夏には真っ白のラベルを透かすと金魚が見え隠れする「金魚ラベル」というボトルの美しさで言ったら宮城県ナンバーワンの銘柄があるにも拘らずです。これは確実に営業力の差でしょうね。

ただ、個人的には純米吟醸系のきれいなお酒は海の幸の珍味系には今ひとつ相性が悪いように感じます。珍味系の生臭さが余計に際立ってしまうので。なので、こちらの銘柄には取れたての鮮魚の刺身系と合わせるのが王道のような気がします。

飲食店店長の東北の地酒、個人的素人レビュー その2 伯楽星編

これは私の持論なのですが、地酒の種類で悩んだら、一番安いのを飲んでみることにしています。一番安い=一番売れるお酒に妥協しない酒蔵の日本酒は、ぶっちゃけなにを飲んでも美味しいし、安定してますから。逆に純米吟醸とか純米大吟醸などの単価が高いお酒のラインナップばかりの酒蔵には少し疑問を感じます。 “飲食店店長の東北の地酒、個人的素人レビュー その2 伯楽星編” の続きを読む

東北の地酒 飲食店店長のおすすめと素人レビュー。その1。

居酒屋だの和食店だのの店長をやらせていただいていると、それはそれは高級な「和」の食材を試食できる、という素晴しいメリットがあります。

そして「日本酒」。

もちろん酔っ払うほど飲めるわけではありませんが、普通に生活していればそんなに種類を飲み比べることは出来ないだろうと言う位、飲めます。そんな中で、個人的にお金を出しても買いたい、日本酒のレビューなんてしてみます。主戦場が東北だもんで、東北のお酒ばかりになるので、それはご容赦下さい。

前もって言っておきますが、これは利き酒師の資格もロクに持っていないただ、数の試飲をこなしているだけの素人店長の主観ですから、異論反論あるかもしれませんが、そこはご容赦くださいね。

では、まず宮城編。

「日高見」平孝酒造(宮城県石巻市)

ここのお酒はイメージ的に、港町のお酒なので、お魚料理に合うような辛口端麗のお酒が多いようなイメージです。おそらくそれは本醸造酒や、純米酒、本醸造の吟醸酒が一番出回っているのでそのイメージが強いんじゃないかと思います。でも実は、甘口タイプの純米吟醸や、山田錦、短竿渡り船などの酒米を駆使した特別純米酒など、飲みやすい日本酒に最近特に力を入れているようです。

とは言え、やっぱりおすすめは一番安い「本醸造タイプ」です。

魚のラベルがこれまたチープ感をかもし出していい感じです。日高見の真骨頂の無骨な辛口の日本酒感はその飲んで一口でわかる辛口感と、それでいてしっかりと米の香りがするのはさすがの一品です。どっちかというと、冷やすとそのポテンシャルが発揮できないので、ぜひ常温か、燗で飲んで欲しい一品です。魚の干物をあわせると、ちょっと漁師のおつかれ飲み会的雰囲気もでてよろしいんじゃないでしょうか。

「浦霞」株式会社佐浦(宮城県塩釜市)

東京でも宮城のお酒といえば、で一の蔵と並んでラインナップされている銘柄ですね。お土産で「浦霞 禅」なんて見かけた人も多いのではないでしょうか。

ここも例に漏れず、一升瓶一本千円ちょっとの本醸造酒から四合瓶で軽く5千円を超える大吟醸までものすごい数のラインナップがあります。もちろん、季節ごとの、しぼりたて、ひやおろしなど、それらを全て飲み切れるのは余程のファンでなければ無いでしょう。

大手の酒蔵らしく、安定感はばっちりで、どの銘柄でも外れなしの優等生です。それでいて手間隙かけた純米大吟醸まであるのだから隙がありません。

ここのお酒で一番のお奨めと言われると結構悩みますが、個人的には普通の純米酒が一番コストパフォーマンスがいいかな、と思います。

純米吟醸や大吟醸、もちろんそれなりに美味しいのですが、ここの純米酒はディスカウントストアでも見かけることが出来るくらいメジャーなのですが、それだけ大量生産しても、ばっちりの安定感。燗にすればおでん料理にとてもよく合います。

さて、まだまだ続きます。

プレミアムなお酒の価値

居酒屋系の飲食店をやってるもので、時折仕入れ先の酒屋さんのご好意で、世の中でいわゆるプレミアムなお酒を譲って頂くことがあります。

名前を出すなら、山形の十四代、青森の田酒、焼酎なら百年の孤独やら、佐藤の黒、などなど、ありがたい事に一本2、3千円くらいの所謂定価で譲って頂けたりするわけで。

“プレミアムなお酒の価値” の続きを読む