飲食店店長の東北の地酒個人的素人レビュー 福島編

さてさて、東北人らしく東北の地酒を勝手に評価してきましたが、ここいらでひと段落です。福島のお酒。

2011年の東日本大震災以降はしばらく酒蔵の全壊の影響の他に、福島第一原発の放射能事故の風評被害のおかげで東北6県の中では一番復興に時間がかかった県だと思います。事故前からもともと福島のお酒は全国的にも評価が高く、歴史有る酒蔵と新鋭の酒蔵が切磋琢磨する酒造りの国でした。それではそんな福島のおすすめのお酒をいくつか。 “飲食店店長の東北の地酒個人的素人レビュー 福島編” の続きを読む

飲食店店長の東北の地酒個人的素人レビュー 山形編2

山形の地酒にはフルーティなお酒がやたらと多いように感じます。これは地元がさくらんぼや葡萄に代表されるようなフルーツ王国だからなのでしょうか。初夏から秋にかけて、山形をドライブするとあたりを漂うフルーツの甘い香りは一度訪れる価値有りです。できればバイクか車で。空気=フルーツの香りなんてなかなか都会では味わえません。 “飲食店店長の東北の地酒個人的素人レビュー 山形編2” の続きを読む

飲食店店長の東北の地酒個人的素人レビュー 山形編 十四代

山形の日本酒編

山形。こちらも豪雪地帯ですが、秀逸な日本酒の宝庫でございます。全国的に有名な「十四代」「出羽桜」「くどき上手」を始め、数々の個性的な酒蔵が集まっている国です。それでは早速紹介していきましょう。 “飲食店店長の東北の地酒個人的素人レビュー 山形編 十四代” の続きを読む